Mayumi Terakawa

染め織り
TEXTILE ART

2021年7月22日更新

地のアルチザン
無事終えることができました。
ありがとうございました。


お蚕さん新聞

new

 お蚕さん新聞
 

 



IWAKI202108


 織で表現する。

 土を耕し、桑を植え、お蚕さんを育て、繭から糸を挽く。
 手探りしながら小石丸を卵から育て、布を織り上げた。
 小石丸は日本古来の品種で、生産性が低いために、
 今ではほとんど飼育されなくなった。
 繭糸が細く、光沢がありしなやかな極上の絹糸である。
 繭から糸にした座繰り糸は手仕事ゆえに
 お蚕さんの命のリズムが糸の表情にあらわれる。
 素材、太さ、合わせ方、撚りのかけ方、染めによって糸は変化する。
 様々な糸をとりあわせ、その命を損なわないように織ること。
 可能なかぎりの注意力を尽くして声なき声をきく。

 織は祈りに似ている。
 ただ無心に織りたい。